新しい必要保障額分析機能「遺族のお金」をリリース。

なぜ、ライフプランシミュレーションに正確な計算が必要なのか?

大切な資産を守り、増やすために

 「人生100年時代」と言われ始めたこの時代。政府が確定拠出年金を推奨し、高等学校では金融教育が開始されるなど、金融リテラシーについての社会の意識が変化しています。2019年には「老後資金2000万円問題」で金融庁の報告書が話題になったことで、多くの国民が老後の備えについて関心を持ち、安心を手にするため、資産形成について考え始めました。さらに、同年に「かんぽ生命不正契約問題」が発覚してからは、販売者と消費者、双方の金融リテラシーの向上が望まれるようになりました。こういった流れの中で、人生を俯瞰するためのファイナンシャルプランニングの重要度が増しています。
 


正確なライフプランは、コントロールできる。

 ライフプランソフト「FP-UNIV」では、税制度と社会保障制度に基づいた客観的なキャッシュフローを確認することができます。係数の調整や統計データの援用は行っていません。利用者自身が自分のライフプランを正確に理解・把握し、所有し、育て、使いこなすことを目的とします。「使いこなす」とは即ち、老後に備え、自分で選んだものに投資し、資産形成を行いながら、生涯にわたってキャッシュフローに問題が生じないようコントロールすることです。
 


税法制に忠実に。

 私たち開発者は、既存のライフプランシミュレーションソフトをいくつか試用したとき、実際のキャッシュフローとの隔たりが大きく、他意もあり、一個人が不利益なく使いこなすことは難しいと感じました。それには2つの原因がありました。

 1つには、各金融機関などの「顧客獲得や商品販売のための係数の調整」が挙げられます。もともと特定の保険商品や金融商品を販売するために作られたシミュレーションなのですから、顧客獲得のために特定の計算が作為的であるのは当然です。また、算出される「老後の必要資金」は利用するソフトによって大きく異なります。ときには、結果に「一億円」もの差が生じます。場合によっては細かな法令も簡略化されており、控除額に差が出てきます。
 


平均値ではなく、個人にフォーカス。

 2つ目の原因は、統計データによる「ライフスタイルの画一化」です。人々の価値観が多様化しているにも関わらず、既存のシミュレーションでは統計の平均値を使って画一的に設定されています。例えば、結婚、出産、家族構成、住宅、年金、車、教育費や介護費、その他の各種事情において、全ての費用が平均値、ということもあります。そのような人物・家庭があるでしょうか。多くの世帯が、全国平均のデータとはどこかで異なっているはずです。正確なライフプランのためには、一人一人の状態に合わせてシミュレーションをする必要があります。

 これらの問題を払拭するため、FP-UNIVは「税制や法令に忠実な計算」と「詳細な世帯情報の入力」にこだわりました。前者は自動計算されます。後者は相談者が自分で入力します。最初の状況把握に、しっかりと時間をかけましょう。正確な計算が、ライフプランを使いこなす近道です。


定期的な見直しで、育てるライフプラン。

 将来の安心のためには、現状把握だけでなく毎年の変化も「可視化」して見直し、理解・把握することが重要です。法令も変わることがあります(FP-UNIVでは自動的に反映されます)。ご自身の状況も変化するのが当然です。定期的な見直しが、あなたのライフプランを育てていきます。FP-UNIVの詳細なシミュレーション機能を活用して、将来の変化に対応できる万全な計画作りをしていきましょう。

 




「正確さ」の重要性を知っているファイナンシャルプランナーの方に、ご活用いただきたいソフトです。

株式会社FP-UNIV 代表取締役 小田卓志

 




親しみやすい入力画面

堅苦しい入力画面はありません。可愛いアイコンを使って、ヒアリングもスムーズに。多様な家族構成にもそのまま対応できます。

今すぐ登録


不動産投資分析機能

投資不動産を入力し、家賃収入・減価償却費計算・不動産所得の計算をすることができます。キャッシュフローが連動するため、他の所得との損益通算による効果も確認できます。

不動産投資分析について詳しく見る


現実的な住宅ローン

 FP-UNIVの住宅ローンシミュレーションは、相談者の所得や債務状況に応じた計算をします。そのため、住宅ローン控除額のうちの「実際に使える額」がわかります。それぞれの相談者に合ったプランを設計しましょう。
高度な住宅ローンシミュレーション


生命保険をわかりやすく

保険商品ごとに、支払保険料・解約返戻金・保障額の推移を共通フォーマットで確認できる機能が備わっています。
詳しく見る


作成したプランはすぐに共有できます。

 これからはペーパーレス提案の時代。作成済みのプランは「プラン共有」機能を使う事で、相談者へ即座に安全にシェアできます。いつでも、どこでも、ブラウザさえあれば最新のライフプランの確認ができます。

プラン共有機能


提案書出力

 でもやっぱり、アウトプットも欲しい。相談相手によっては、オンラインでのやりとりが難しい場合もあります。FP-UNIVの資料は、PDF出力することも可能です。


プロフィール掲載

 「アドバイザー機能」を使うと、個人ユーザー向けにプロフィールを公開できます。
新しい相談者様との出会い、既存の相談者様へのPRにご活用ください。

詳しく見る


FP-UNIVにできること

詳しく見る

エフピーユニブの機能

お知らせ


     

住宅取得前に万が一があった場合に、購入するかしないか設定できるようになりました。

 これまで、住まいの購入設定を行っていた場合に、所有期間の開始以前に万が一が発生すると「購入しない」動作となっておりました。本日、取得前に万が一があった場合に「購入する」「購入しない」を選択できるよう

Read more..

     

ふるさと納税限度額の不具合を修正しました

2020年11月2日に行った表示調整の影響で、可処分所得分析のふるさと納税限度額が2000円となる不具合が発生しておりました。 本日不具合を修正しました。 影響期間2020年11月2日〜11月17日18:15 今回の修正は、

Read more..

     

万が一発生時の住宅ローン契約の動作を変更しました。

必要保障分析での注意事項 ・物件の開始期間以前に亡くなった場合、住む家がなくなる問題があります。 ・必要保障額分析では、毎年亡くなったと仮定するため物件開始以前に亡くなった場合、家に関する支出が減る

Read more..

     

最大貯蓄赤字から見る必要保障額とは?

1.新しい必要保障額分析は何が違うのか? 今回の必要保障額分析のアップデートでは、以下の点が新しくなりました。 ① 各年に万が一が発生した場合の必要保障額をプロットしてグラフ化する。 → 万が一発

Read more..

  • 2020年 11月07日
     

あたらしい必要保障額分析「遺族のお金」をリリースしました。

 本当の必要保障額とは?  世帯主が今亡くなった場合、遺族が老後まで安心して暮らせる準備金はいくら必要なのでしょうか?来年亡くなったとしたら?20年後に亡くなったとしたら?亡くなる時期によって、その時点

     

ふるさと納税の上限額がわかる新機能をリリースしました。

 ふるさと納税の控除上限額がわかる「可処分所得分析」プロ機能をリリースしました。「Q2.収入」と「Q8.ライフイベント」のシミュレーション結果画面に「可処分所得分析」のメニューが追加されています。  一般