新しい必要保障額分析機能「遺族のお金」をリリース。

それぞれの税制優遇効果を、正しく知るために。

 
iDeCoシミュレーションを始める

高齢社会とiDeCo分析

 政府は高齢社会対策の一環として、資産形成促進のため、個人型確定拠出年金(iDeCo)を推進しています。今後ますます、iDeCoを加味したライフプランシミュレーションの需要は高まっていくことが予想されます。FP-UNIVでは、iDeCo分析と退職所得分析の2つのシミュレーションで、将来に備えるお手伝いをします。


全ての計算を、忠実に

 FP-UNIVでは、それぞれの家庭状況に合わせてiDeCoの効果を計算します。統計データは援用せず、利用者自身の収入や家族構成などに合わせて、税制と社会保障制度に忠実に計算します。iDeCoの手数料なども加味されています。特定の保険商品や金融商品を販売するためのライフプランではありませんので、利用者は「現行制度下での最も正確な予測データ」を手に入れることができます。


iDeCoの節税効果

 iDeCoには次のような節税効果があり、FP-UNIVではこれらが自動計算されます。
・積立金は所得控除の対象。所得税・住民税を節税できます。
・運用で得た定期預金利息や投資信託運用益は非課税。
・受取時は、公的年金等控除・退職所得控除の対象です。


ベストなリタイア計画を

 FP-UNIVの機能の一つである「退職所得分析」のシミュレーションでは、iDeCoを含めた退職所得全体の分析を行うことができます。iDeCoの加入時期や受給開始年齢、受取方法によって異なってくる控除額を自動計算します。利用者は、それらを比較しながらベストなタイミングを検討することができます。iDeCo分析と合わせてご利用ください。


DCプランナーにもご利用いただいております


iDeCo分析を始める