日本初、iDeCoの本当の節税額がわかるシミュレーション機能をリリース。

将来への備えは、まずは「可視化」することから。

 
退職所得シミュレーションを始める

退職所得を分析する

 退職のタイミングやiDeCoの受給開始年齢など、条件が変わると、退職前後のトータルの受取り額が変わります。他にも、複数の退職金を受け取ったり、それらの勤続年数が異なっていると、控除額が変化します。FP-UNIVでは、このような複雑な制度をまとめた「退職所得」のシミュレーションができます。将来への備えは、まずは「可視化」することから始まります。


iDeCoと退職所得

 iDeCoの受給開始年齢を何歳からにするのか、受取方法を一括にするか分割にするか。比較検討するときに役立つ機能です。さらに、加入時期によっても受取額が変わります。iDeCoに加入できるのが「65歳まで」となるこれからの時代、様々な選択肢があります。加入するかどうかを考える際にも、シミュレーションを是非ご活用ください。


「控除」の自動計算

 たとえば、複数の退職金を受け取る場合の「控除計算」の確認ができます。また、一定期間内に他の退職金があった場合は、自動的に「控除補正」を行います。最初の退職から次の退職まで、何年待てば良いのか。iDeCoの受給開始は退職から何年後が良いか。FP-UNIVでは自動的に正確な結果が分かるので、少ない労力で「ベストなタイミング」を図ることができます。


DCプランナーにもご利用いただいております


退職所得シミュレーションを始める